”新車同様の中古車”なら新車より60萬円以上安く買える!
スポンサーリンク

【新型マツダCX-5】マイナーチェンジ2021後のグレードの違い~おすすめは特別仕様車

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年11月8日に行われたマツダ「CX-5」のビッグマイナーチェンジ(大幅改良)による変更點をまとめてみました。

今回の改良による最大の変更點は、エクステリアのデザイン変更とグレード構成の大幅変更でしょう。

そこで、新型「CX-5」の各グレードの違い、おすすめグレードを徹底検証してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マツダ「CX-5」ビッグマイナーチェンジによる変更點


マツダ「CX-5」公式HPより

マツダ「CX-5」ビッグマイナーチェンジによる変更點

2021年11月8日に行われたマツダ「CX-5」のビッグマイナーチェンジ(大幅改良)による変更點は、以下のとおりです。

?

■グレード構成

  • 2.5Lターボ車の廃止
  • 2.0Lガソリン車に4WDを追加
  • 「20S」、「25S」、「25S Proactive」、「XD」の廃止
  • 「25S」は特別仕様車「Smart Edition」、「Black Tone Edition」も廃止、「Exclusive Mode」を追加
  • 2.0Lガソリン車、ディーゼル車に特別仕様車「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」を追加
    ※ベース車「20S」、「XD Proactive」
  • 2.5Lガソリン車、ディーゼル車に特別仕様車「Field Journey(フィールドジャーニー)」を追加
    ※ベース車「25S」、「XD L Package」

■エクステリア

  • フロントグリル、ヘッドランプ、リアコンビランプのデザインを変更

■走行性能

  • ドライブセレクション「NORMAL」と「SPORT」に加え、新たに「OFF-ROAD」モードを設定した「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT」(略稱Mi-DRIVE)を採用
    ※「OFF-ROAD」モードは特別仕様車「Field Journey(フィールドジャーニー)」のみ
  • 「MAZDA3」より採用している車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の考え方を取入
    ?車體フレームに減衰構造を採用
    ?車體とシートフレームの取り付け剛性を向上
    ?スプリング?ダンパー特性の見直し
    ?シート著座時の骨盤角度を最適化することで長時間運転時の疲労感を軽減
    ?粗粒路でのロードノイズを大きく低減

■快適裝備

  • ラゲッジボードの上段?下段?前後2分割ができる様に変更
  • 裏面防水ボード&サブトランクボックス防水加工の3つの機能があるリバーシブルラゲッジボードの採用
    ※特別仕様車「Field Journey(フィールドジャーニー)」のみ裝備
  • ラゲッジルームはテールゲート開口部との段差が無くすことで使い勝手を向上
  • ラゲッジルームフロア下のサブトランク容量拡大
  • パワーリフトゲートをキック動作で開閉が可能なハンズフリー機能付きに変更
  • ワイヤレス充電(Qi)を新たに設定

■安全裝備

  • アダプティブ?LED?ヘッドライト(ALH)はグレアフリー(防眩)ハイビームLEDを12分割から20分割にすることで夜間の視認性向上
  • クルージング&トラフィック?サポート(CTS)の採用
  • アダプティブ?LED?ヘッドライト、レーンキープ?アシスト?システム、交通標識認識システム、アクティブ?ドライビング?ディスプレイ非裝著車の廃止

■ボディカラー

  • 新色「ジルコンサンドメタリック」を追加
    ※「チタニウムフラッシュマイカ」の廃止

■裝備設定の変更

  • 「Exclusive Mode」はフロント&リアバンパーガーニッシュ、クラッティング/ボディロアガーニッシュ、ホイールアーチをボディ同色に変更、クルージング&トラフィック?サポート?ワイヤレス充電(Qi)を新たに特別裝備

?

今回の改良による最大の変更點は、エクステリアのデザイン変更とグレード構成の大幅変更でしょう。

グレード構成は、何と言っても加速性能が最も優れた2.5Lターボ車の廃止が衝撃です。

また、カタログモデルが「20S Proactive」、「25S L Package」、「XD Proactive」、「XD L Package」の4つと、従來の9つから大幅減となったこと、アウトドア的な「Field Journey(フィールドジャーニー)」、エクステリアの質感が非常に高い「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」の2つの特別仕様車が追加されたことも特徴的です。

今回の改良により特別仕様車「20S Smart Edition」、「XD Smart Edition」の価格が3萬円程度減少、特別仕様車「XD Exclusive Mode」は4.5萬円程度上昇、その他既存グレードの価格変更はありません。

エクステリアの違いについては、後述しています。

?

その他、今回の改良で乗り心地や靜粛性も向上しており、ハンズフリー機能付きパワーリフトゲートの採用などにより荷室の使い勝手も向上しています。

安全性能では、アダプティブ?LED?ヘッドライトの進化により夜間の安全性が向上し、クルージング&トラフィック?サポートの採用により60km/h以下を含む全車速域でステアリングアシスト(車線中央維持支援)が行われるようになり、長距離ドライブでの負擔軽減となっています。

?

スポンサーリンク

マツダ「CX-5」新舊エクステリアの違い

今回の改良の目玉の1つなるのがエクステリアの変更です。

では、どれほど違うのかみていきましょう。

?

■「CX-5」(新型)

■「CX-5」(改良前)

■「CX-5」(新型)

■「CX-5」(改良前)

■「CX-5」(新型)

■「CX-5」(改良前)

マツダ「CX-5」公式HPより

?

上記のとおり、フロントグリルは網狀のデザインから立體的な粒狀のデザインに変更されており、シグネチャーウィングと呼ばれるV字型のガーニッシュも従來より太くタフな印象に変更されています。

前後LEDランプは橫長楕円のデザインに変更されており、前後バンパーの形狀も変更されています。

1枚目の新型「CX-5」の寫真は特別仕様車「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」のため、ブラッククロームのシグネチャーウィングとクラシックレッドのグリルアクセントが裝著されていますが、通常のグレードはシグネチャーウィングはシルバーでグリルアクセントもありません。

?

こうやって比較して見ると、前後バンパーこそはっきり違いが分かるものの、その他は遠目だと違いが分からないレベルであることがわかります。

スバル車などはビッグマイナーチェンジ前後でエクステリアが大きく異なるため、パッと見でも古いモデルか新しいモデルか分かりますが、「CX-5」の場合は改良前か改良後かパッと見で判斷できる方は少ないでしょう。

改良前「CX-5」オーナーからすると、良かった點といえるかもしれませんね。

?

スポンサーリンク

【最新】「CX-5」の各グレードの違い

マツダ「CX-5」公式HPより

ここからは、新型「CX-5」の各グレードの違いをみていきましょう。

?

「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」とは

「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」は、「CX-5」を最も安く購入できることが最大のメリットです。

2.0Lガソリン車なら約269萬円、2.2Lディーゼル車なら約300萬円となっており、2.0Lガソリン車なら全込み300萬円以下で、2.2Lディーゼル車でも330萬円前後で購入できます

?

また、他車エントリーグレードより裝備が充実していることも大きなメリットです。

安全裝備は基本的なものが全て裝備されていることはもちろん、他車エントリーグレードでは搭載されることの少ない「アダプティブ?LED?ヘッドライト」や自動防眩ルームミラーも裝備されています。

質感についても、同クラス他車と比較しても遜色なく、エントリーグレードとは思えない質感となっています。

?

一方で、今回の改良から搭載された安全裝備「クルージング&トラフィック?サポート」、便利なパワーリフトゲートやパワーシートを裝備できないデメリットがあります。

とはいえ、「マツダ?レーダー?クルーズ?コントロール[全車速追従機能付]や「レーンキープ?アシスト?システム」は搭載されているため、長距離ドライブ時の負擔軽減となる裝備は充実しています。

「クルージング&トラフィック?サポート」があることにより、60km/h以下でもステアリングアシスト(車線中央維持支援)が行われるようになりますが、渋滯時を除く多くのシーンで性能差はほとんどありません。

また、シート移動やバックドアの開閉は手動でやれば問題ありません。

そのため、お得に新型「CX-5」を購入したい方には非常におすすめのグレードだと考えます。

?

「20S/XD Proactive(プロアクティブ)」とは

「20S/XD Proactive(プロアクティブ)」は、「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」だと裝備できなかった安全裝備「クルージング&トラフィック?サポート」がオプション設定でき、便利なパワーリフトゲートやパワーシートが標準裝備されていることが最大のメリットです。

一方、內外裝の質感は「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」とは変わらないものの、「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」より約23萬円も価格が高くなるデメリットがあります。

2.0Lガソリン車なら約291萬円、2.2Lディーゼル車なら約323萬円となっており、2.0Lガソリン車なら全込み320萬円前後で、2.2Lディーゼル車なら350萬円前後で購入できます。

裝備差は、主にパワーリフトゲートやパワーシート、シートヒーターとなっているため、「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」との最大の違いは快適裝備だといえるでしょう。

そのため、お得に新型「CX-5」を購入したいけど「クルージング&トラフィック?サポート」やパワーリフトゲートを裝備したい方におすすめのグレードだと考えます。

?

「20S/XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」とは

マツダ「CX-5」公式HPより

「20S/XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」は、「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」や「20S/XD Proactive(プロアクティブ)」より室內の質感が非常に高くなっていることが最大のメリットです。

シート表皮はクロス(布)からグランリュクス/合成皮革となり、ドアアームレストは合成皮革、インパネやドアドリムなどにはサテンクロームメッキが設定されることで、「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」や「20S/XD Proactive(プロアクティブ)」とは全く異なる高い質感の室內へと変貌しています。

エクステリアでは、ブラックメタリック塗裝のアルミホイール、グロスブラックのドアミラー、ブラッククロームのシグネチャーウィングなど、シックでカッコいい印象になることが特徴です。

?

一方、価格は「20S/XD Proactive(プロアクティブ)」より約13萬円も価格が高くなるデメリットがあります。

2.0Lガソリン車なら約304萬円、2.2Lディーゼル車なら約336萬円となっており、2.0Lガソリン車なら全込み335萬円前後で、2.2Lディーゼル車なら365萬円前後で購入できます。

「20S/XD Proactive(プロアクティブ)」とはアナログメーターから7インチマルチスピードメーターに、室內各種ランプがLEDとなる違いはあるものの、その他安全裝備や快適裝備差はなく、前述のとおり室內の質感が最大の違いとなります。

そのため、お得に新型「CX-5」を購入したいけど室內の質感を向上させたい方におすすめのグレードだと考えます。

?

「20S/XD Field Journey(フィールドジャーニー)」とは

マツダ「CX-5」公式HPより

「20S/XD Field Journey(フィールドジャーニー)」は、「マツダインテリジェントドライブセレクト」のオフロードモードが使用でき、標準裝備のタイヤがオールシーズンタイヤとなっていることが最大の特徴です。

また、上の寫真のとおりライムグリーンのフロントグリルアクセント、エアコンルーバーベゼル、シートのステッチが入っており、前後バンパーやサイドにシルバーガーニッシュが裝備されていることも特徴的です。

室內では、リバーシブルラゲッジボードと防水加工のサブトランクボックスが裝備されることが特徴的で、リアシートにもシートヒーターが裝備されます。

?

一方、フロントグリルはグロスブラックから艶なしブラックとなり、「20S/XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」であった合成皮革のドアアームレスト、インパネやドアドリムなどのサテンクロームメッキがなくなります。

価格は「20S/XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」より4萬円程度安くなるものの、4WD車の設定しかないため必然的に価格は高くなります。

上記のとおり、かなりアウトドア向けのグレードとなっているため、高い悪路走破性を求めている方や室內をハードに使いたい方におすすめのグレードだと考えます。

?

スポンサーリンク

「25S/XD L Package(エルパッケージ)」とは

「25S/XD L Package(エルパッケージ)」は、何と言ってもシート表皮がレザーとなることが最大のメリットです。

また、インパネデコレーションパネルがメタルウッドに、ピラーガーニッシュがピアノブラックとなることで、內外裝の質感がこれまで紹介してきたグレードよりも圧倒的に高くなっています

必然的に価格は高くなり、「20S/XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」より約16萬円も価格が高くなるデメリットがあります。

2.5Lガソリン車なら約320萬円、2.2Lディーゼル車なら約352萬円となっており、2.5Lガソリン車なら全込み345萬円前後で、2.2Lディーゼル車なら377萬円前後で購入できます。

?

「25S/XD Sports Appearance(スポーツアピアランス)」とは

マツダ「CX-5」公式HPより

「25S/XD Sports Appearance(スポーツアピアランス)」は、前後バンパー、ホイールアーチ、ドアロアガーニッシュなどが全てピアノブラック塗裝となることで、エクステリア全體の質感が非常に高くなっていることが最大のメリットです。

「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」同様シグネチャーウィングはブラッククロームとなり、「Field Journey(フィールドジャーニー)」で裝備されていたフロントグリルアクセントはクラシックレッドとなっています。

また、大徑のマフラーカッター、ブラックメタリック塗裝の専用アルミホイールにより、エクステリアはスポーティな印象になっていることも大きな特徴です。

?

上記のとおり、「25S/XD L Package(エルパッケージ)」よりエクステリアの質感は大きく向上しているものの、価格は6萬円程度しか高くならないことも大きなメリットです。

2.5Lガソリン車なら約326萬円、2.2Lディーゼル車なら約358萬円となっており、2.5Lガソリン車なら全込み346萬円前後で、2.2Lディーゼル車なら378萬円前後で購入できます。

そのため、高い內外裝の質感を求めている方におすすめのグレードだと考えます。

「25S/XD L Package(エルパッケージ)」よりおすすめです。

?

「25S/XD Exclusive Mode(エクスクルーシブモード)」とは

マツダ「CX-5」公式HPより

「25S/XD Exclusive Mode(エクスクルーシブモード)」は、「25S/XD Sports Appearance(スポーツアピアランス)」と異なり、前後バンパー、ホイールアーチ、ドアロアガーニッシュなどが全てボディ同色となることが大きな特徴です。

シート表皮はレザーよりなめらかな感觸のナッパレザー、またインパネデコレーションパネルは本物の木を素材とした本杢加飾となるなど、「25S/XD Sports Appearance(スポーツアピアランス)」よりさらに上質な室內になっています。

また、夏場快適なシートベンチレーションが唯一設定されるグレードでもあります。

?

必然的に価格は高くなり、「25S/XD Sports Appearance(スポーツアピアランス)」より約27萬円も価格が高くなるデメリットがあります。

ボーズサウンドシステムやワイヤレス充電が標準裝備されていることも、価格が高くなる要因となっています。

2.5Lガソリン車なら約353萬円、2.2Lディーゼル車なら約384萬円となっており、2.5Lガソリン車なら全込み373萬円前後で、2.2Lディーゼル車なら404萬円前後で購入できます。

?

スポンサーリンク

「CX-5」を安く購入するには!?

マツダ「CX-5」公式HPより

ここまで新型「CX-5」の各グレードの違いをご紹介してきましたが、「CX-5」を安く、お得に購入したい方には「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」が最もおすすめです。

特にガソリン車より燃料代が20円程度安く、燃費性能が2.0km/L程度優れている「XD Smart Edition(スマートエディション)」がおすすめです。

年間走行距離が5,000km以下の様な方ならガソリン車の方がお得になる可能性も高いですが、2.0Lガソリン車だとパワー不足を感じるシーンも多くあるため、加速性能を考慮しても2.2Lディーゼル車の方がおすすめです。

?

「20S/XD Smart Edition(スマートエディション)」なら比較的「CX-5」を安く購入できるものの、それでも300萬円前後の価格となるため、決して安いクルマではありません。

「CX-5」を少しでも安く、お得に購入したい方は”新車同様の中古車”も検討してみましょう。

”新車同様の中古車”なら「XD Proactive(プロアクティブ)」でも300萬円以下で購入できるクルマがゴロゴロしていますよ!

?

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60萬円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車?未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60萬円以上安く買えるケースも多數あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

?

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という點でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

?

■中古車を買うなら中古車販売臺數No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売臺數1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以內であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以內であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

?

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1臺限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500臺の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

?

■さらに!2021年11月~12月は”歳末感謝キャンペーン”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年11月1日~2021年12月下旬の期間中、歳末感謝キャンペーンを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先著順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

?

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

?

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30萬円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30萬円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取臺數ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取臺數No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売臺數も1位でしたが、中古車買取臺數も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

?

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取臺數が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする獨自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全國約550店の直接販売店舗とオークション會場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挾まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

?

■筆者の一括査定體験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が來て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観點からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

?

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

?

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

?

スポンサーリンク

まとめ

今回は、マツダ「CX-5」のビッグマイナーチェンジ(大幅改良)の変更點、各グレードの違い、おすすめグレードをまとめてみました。

?

「CX-5」は、ライバル車と同価格帯ながら、先進的で優れた安全性能と高級車のような質感があることが大きな魅力となっています。

そのため、所有する満足感が非常に高いクルマとなっており、価格が比較的安いことからコスパも高いといえるでしょう。

今回の改良で“より魅力的”になった新型「CX-5」は、非常におすすめのSUVです!

?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 2020秋霞网在线新版入口
泰顺县| 图木舒克市| 通榆县| 灵石县| 文昌市| 崇州市| 泰和县| 衡山县| 泸定县| 东源县|